0年 0月 の投稿一覧

FX:為替 MT4 EMA62,SMA200,SMA800でトレンド確認

screenshot_82

MT4の標準インジケーターを使ってトレンドを確認してトレードする手法

手法概要

MT4の標準の移動平均(Moving Avarage)のみを使った手法です。

トレンドを把握するためのみで利用してもいいのですが、デイトレ・スイングでもトレード可能です。

非常にシンプルで、見やすいので初心者の方でも大丈夫です。

3本の移動平均を使うことでトレンドの把握がとても簡単に出来ます。
続きを読む

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

FX:為替 MT4 1pipsと枚数とロット数のまとめ

75b96501aa7826021995f4e783ae2ff5-660x350

FX:為替で取引をするときに1pipsと枚数とロット数という単位を使います。
忘れるのでまとめます

ポジションサイズとPipsの関係

通貨により価値も異なりますが、通貨価値に左右されない基準となる単位が規定されています。
それがピップス(pips)です。ポイントともいいますが、クロス円の場合1銭が1pipとなります。

1円=100銭=100pips
続きを読む

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

FX:為替 MT4 EAは自動売買だけに使うのではなく自分の手法も検証出来る

thinking-277071_640

MT4のEAを自分の手法確認のために使う

恐らく、殆どの人はMT4のEAを自動売買することを目的としていると思いますが、自分の手法の確認のためにも作ってみては如何でしょうか?

例えば、2本の移動平均のゴールデンクロスとデッドクロスで売買する手法の場合、これをEAで作成するときはパラメータ(設定)として下記のな感じで設定値を変更出来るようにします。
続きを読む

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

FX:為替 MT4の注文の仕方 まとめ

screenshot_34

時々、注文種別が分からなくなるのでまとめます。

MT4の注文種別

  • Buy Limit=買い指値 :現在のレートより低い価格で買い注文
  • Sell Limit=売り指値 :現在のレートより高い価格で売り注文
  • Buy Stop=買い逆指値 :現在のレートより高い価格で買い注文
  • Sell Stop=売り逆指値 :現在のレートより低い価格で売り注文

続きを読む

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone