FX:為替 USD/JPY Dailyレポート 2017/09/08

毎朝、NY時間の振り返りとその日の戦略となるポイントをお伝えします。
基本的には移動平均、ピボット、RSIを使った分析となります

日足から分析する現在の状態

RSIの値も30付近まで下落し、9月は下降トレンドが続いているが何とか108円は維持している。

直近のサポートラインとレジスタンスラインは下記です。

レジスタンス1:2017/07/11 114.49円

サポートライン1:2017/08/29 108.26円

20170908-daily-D1

2017/09/07のNY時間の分析(1時間足)

欧州中央銀行(ECB)が資産買い入れプログラムの縮小に関する決定は10月になりそうだとの見方を示したことを受け、EURUSDが1.20ドルを突破して約2週間ぶりの大幅な上昇率となったことでドル円は更に下降した。

前日のNY時間の高値は108.96円、安値は108.04円となり、108円を何とか維持した。

20170908-daily-H1

日足 4時間足 1時間足
様子見 売り 売り

2017/09/08の戦略

トレンドライン・サポートラインを15分足で引いて、戦略を立てる。

109円を超えたら、買いで入り109.30円を目途に、15pips前後を目標とする。

別のシナリオとして、109円を割ったら、買いで入り、109.30円を目途に15pips前後を目標とする。

20170908-daily-M15

ドル円 オーダー

111.50円 売り
111.10-20円 断続的に売り
111.00円 売り
110.90円 売り
110.60円 売り厚め
110.50円 売り
110.00円 売り、OP8日NYカット
109.70-80円 断続的に売り
109.50円 売り厚め
109.40円 超えるとストップロス買い
109.00円 14日NYカット

108.37円 9/8 02:30現在(MT4)

108.00円 買い・割り込むとストップロス売り大きめ

FX 為替:経済指標発表スケジュール 2017/09/08

日付 時刻 内容 前回 予想 結果
8
(金)
  日本

8月景気ウオッチャー調査-現状判断DI 

     
    中国

8月貿易収支(米ドル) 

     
    中国

8月貿易収支(人民元) 

     
  7:45  ニュージーランド

4-6月期四半期製造業売上高(前期比) 

     
  8:50  日本

7月国際収支・貿易収支 

     
  8:50  日本

4-6月期四半期実質国内総生産(GDP、改定値)(前期比) 

     
  8:50  日本

4-6月期四半期実質国内総生産(GDP、改定値)(年率換算) 

     
  8:50  日本

7月国際収支・経常収支 

     
  10:30  豪州

7月住宅ローン件数(前月比) 

     
  14:45  スイス

8月失業率 

     
  17:30  英国

7月鉱工業生産指数(前月比) 

     
  17:30  英国

7月製造業生産指数(前月比) 

     
  17:30  英国

7月貿易収支 

     
  21:30  カナダ

4-6月期四半期設備稼働率 

     
  21:30  カナダ

8月失業率 

     
  21:30  カナダ

8月新規雇用者数 

     
  23:00  米国

7月卸売在庫(前月比) 

     
  28:00:00  米国

7月消費者信用残高(前月比) 

     





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*