FX:為替 USD/CAD テクニカル分析 2017/09/13

移動平均とRSIとフィボナッチを使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。

最近の動向

・2017年9月11日 21:15、加・住宅着工件数が発表、結果:22.32万件 予想:22万件 前回:22.23万件

・米ドル/加ドル 週足チャートの上昇トレンドラインを割り込んでいる。

・米ドル/加ドルは、2017/04/30に、1.3792の高値を付けて以降、下落に転じている。

・加・中銀の政策金利引き上げにより米ドル/加ドル売り優勢

USD/CAD 週足テクニカル分析

売り圧力は継続し、1.2200より下で推移して100週移動平均線より下で推移して、下降トレンドを維持しています。

週足チャートから分析すると、2017/04/30に、1.3792の高値を更新した後から下落に転じ、サポート機能を持つ上昇トレンドラインをブレイクしました。

20170913-CADUSD-W1

USD/CAD 日足テクニカル分析

日足でみると直近の安値は2017/07/27 1.2412で、サポートラインとなっていたが割り込んだ。

また、SMA200より下で推移しているのでことで、下降傾向を暗示していることから、米ドル/加ドルは、1.2000台を割り込む可能性が考えられます。

今後の展開としては、

・1.2200を超えたら一旦、上昇する可能性があるが、超えなければ、再度下落に転じる可能性がある

・1.2049を割れば更に下落する可能性がある。その時はフィボナッチエクステンション1.618倍ラインまで下落することもある。

・中期的には下降トレンドを維持し、1.1800付近まで下落していく可能性があります。

20170913-CADUSD-D1

USD/CAD 1時間テクニカル分析

RSIも70付近で折り返しているので、直近では1.2200を超えるか否かが分かれ目になると推測されます。

レジスタンスライン1:1.2660

レジスタンスライン2:1.2428

レジスタンスライン3:1.2200

サポートライン1:1.2060

20170913-CADUSD-H1





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*