FX(為替)のRizeFxはなぜナンピン好きなの?

RizeFxはナンピン好きです!なぜかということを少しご説明させて頂きます。

RizeFxがナンピン好きなのには理由があります

RizeFxがナンピン好きなのには色々と理由があります。
当然、過去の経験が元になっていますが、その理由をシェアします。

・損切りが出来ない
・損切り貧乏の経験がある
・自分の手法を信じる事が出来なかった
・ナンピンの代わりに両建てをしていた

FXで損切りが出来ないのは致命的

RizeFxもリーマンショックを経験しています。

以前は、いつも「いつかは、上がるだろうとか下がるだろう」と自分の持ったポジションを楽天的に考えて、損切りが出来ませんでした。

損切りするとお金が減りますよね。これは精神的に嫌です。

ただ、損切り出来ない理由は、「損切り出来るロット」で取引をしていないからです。

これの相場はヤバいなと思ったときに、100円を捨てるのと、10万円を捨てるのとどちらが出来ますか?ということです。

殆どの人は「100円」なら損切り出来ると思います。

そうです、結論は持ったロット数が資本金に対して、過剰の場合、損切りに迷いが出ます。
100万の資金で10%と100万の資金で0.1%の損切りでは全然、重みが違います。
損切りできない最大の原因はこの考え方です。資金に対してのロット数が的確ではないという事です。

FXで損切り貧乏になった経験がある人は沢山いる

今度は損切りなんて問題ない!と思ってたときです。何かにつけて、「ヤバい!損切りしないと」と思い、直に損切りします。

損切りも積もれば大きな金額になります。

結局、トータルで勝敗を考えたときに、勝ち<負けのトレードをしていると損切り貧乏になります。

当然、利益確定:5Pips、損切り:30Pipsでも同じです。勝利は良くても利益がないです。

過剰な損切りをしないといけない場面がくるということは、手法が悪い、ポジポジ病のため無駄なところでポジションを持っているとか要因は色々とあると思います。

このような経験がある人は一度、自分のトレードを見直した方がいいですね。

FXで自分の手法を信じる事が出来なければ最悪の結果になります

自分の考えた手法を信じれない場合は、直に手法を変更したり、新しいインジケーターを追加したり、色々なことを試して、結局、自分の手法が確率できないからです。

さらに、負けたら、手法が悪いと思い、次の手法を考えるとか・・・要因は色々とありますが、テストも不十分でしょう。

結局、自分で十分なテストをしていないから手法を変更したりとか新しいもに乗り換えようと思うのです。

負ける事も含めて、トータルで勝つ手法だと自分自身が自分自身で考えた手法を信じるまではリアル口座で取引するべきではないですね。

FXで両建てをするのはどうなのか?

両建てについては色々と意見が分かれるところではありますが、明確な理由があっての両建ては賛成です。

しかし、その場しのぎの、マイナスを一旦、保留にしたいから「両建て」するというのは賛成出来ないですね。

実は、RizeFxも昔は、損切りできないので一旦、保留して、改めていい場面が来たら取引を再開しようと思って「両建て」をしていました。

結果・・・両建てのポジションがめちゃくちゃ増えて、わからなり、まちがって決済したりしていました。

そして、最後には泣く泣く全てを損切りするはめになりました。

FXでナンピンという手法も使い方次第

先ほど、述べたような理由から色々と考えた末に「ナンピン」と「マーチンゲール」に辿り着きました。

しかし、それをそのまましても意味がないことも悟りました。

自分の弱点とそれを改善するにはどうしたらいいのかを検証した結果、ある結論に辿り着きました。

それは、「相場は下がりだしても(上がりだしても)戻りがある」ということです。

これは非常に大きな発見でした。

一般的には下がっても、下がった幅の半分はいつかは戻すというような噂があります。

それがいつなのかは分らないですが・・・

ただ、チャートを見ると確かに、戻りはあります。検証すると大体ですが、3分の1は結構、早めの段階で戻ります。

そして、全く戻りが無くて、下がり続けることは殆どありません。

それらを考え、損切り出来ない、RizeFxでは「ナンピン」+「ロット増し」をしています。

「ナンピン」+「ロット増し」は最強か?

「ナンピン」+「ロット増し」も弱点があります。

それは人間の「欲」です。

「ナンピン」+「ロット増し」ははっきり言って、負けません。但し、条件付きで「100%勝ちます」

それは「資金管理」と「利益確定pips」です。

この2つを実施出来れば、勝ち続ける事が出来ます。

RizeFxでは「ナンピン」+「ロット増し」=「損切りしない」手法として定義していますが、履歴を見るとマイナス=損切りもあります。

結局、資金管理をして、5円、10円下がっても資金ショートしないで「トータルで少し勝てば良い」という考えが成り立ちました。





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*