FX:為替 EUR/USD テクニカル分析 2018/01/08

移動平均とRSIとフィボナッチを使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。

これまでの動向

・EUR/USDは2018/01/02に上昇幅を広げ、1.2000台を超えた。

・4時間足では上昇トレンドラインに沿って上昇が続いている。

EUR/USD日足 分析

日足では、2017/11/07の安値 1.1552を付けてからは上昇へ転じている。

また、上昇トレンドラインが形成されており、現在は、この上昇トレンドラインより遥か上に位置しているので調整が入る可能性もある。

直近のターゲットとしては1.2100をトライすると推測する。

EUR/USD 4時間足分析

4時間足では、ダブルトップが形成されているようなので、ネックラインの1.2000を割ったら下降へと転じる可能性がある。

直近のサポート&レジスタンスとしては、

レジスタンスライン:1.2100

サポートライン:1.2000

直近では、2回ほど、上値を試したが、上ヒゲが出て、上値を抑えられているのがわかります。

また、SMA200,SMA100よりも遥か上に位置しているので一旦、調整が入る可能性もあるので注意が必要です。

RSIを見ても、勢いがなく、どちらに動いてもおかしくない状態なので、この状況を抜けるには何かしらのファンダメンタルズ要素が必要。

ユーロ オーダー

1.2190ドル 超えるとストップロス買い、OP9日NYカット大きめ

1.2100ドル 売り・超えるとストップロス買い

1.2050ドル OP9日NYカット

1.2032ドル 1/8 01:00現在(MT4)

1.2020ドル 買い

1.2000ドル 買い厚め・割り込むとストップロス売り

1.1985ドル OP9日NYカット大きめ

1.1980ドル 買い

1.1950ドル OP9日NYカット

1.1900ドル 買い

1.1850ドル 買い

1.1810ドル 買い

1.1800ドル 買い厚め





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*