FX:為替 GBP/USD テクニカル分析 2018/01/11

移動平均とRSIとフィボナッチを使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。

最近の動向

・GBP/USDは1.3500を維持することが出来れば更に上昇する可能性があります。

・日足では上昇トレンドラインに沿って上昇が継続しており、1.3600が直近のレジスタンスとなります。

・2017年11月期の英・ 鉱工業生産が発表予定、市場予想は0.3%の上昇(前月比)

GBP/USD 日足テクニカル分析

日足でみると、上昇トレンドラインを維持しながら上昇を続けているが、1.3600付近を過去に2回試していますが、何れも失敗しています。

しかし、1.3500付近を維持することが出来れば、更に上昇する可能性があり、その場合は再度、1.3600を試すと思います。

日足のレジスタンス&サポート

レジスタンスライン:1.3658$

サポートライン:1.3500$

GBP/USD 4時間足テクニカル分析

4時間足では、上昇トレンドラインに沿って上昇が継続していますが、1.3613を更新してからは少し下落しています。

前回のレジスタンスである1.3460が現在のサポートラインとなりますが、更に上昇を試すには1.3500を維持することが必須となります。

サポートラインとしての1.3460は4時間足のSMA100に相当すること、また、SMA200もサポートラインとして機能すると考えます。

また、SMA200を割った場合は下落へと転機する可能性が高いです。その場合は1.3300付近まで下がる可能性があります。

GBP/USD オーダー

1.3700ドル 売り

1.3650ドル 売り

1.3600ドル 売り

1.3580-90ドル 売り・超えるとストップロス買い

1.3510ドル 1/11 01:00現在(MT4)

1.3420-80ドル 断続的に買い

1.3400ドル 買い厚め

1.3350ドル 買い

1.3300ドル 買い厚め





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*