FX:為替 AUD/USD テクニカル分析 2018/01/17

移動平均とRSIとフィボナッチを使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。

最近の動向

・AUD/USDは、0.8000の手前で勢いが無く一旦、調整に入った。

・住宅ローン貸出は2017年後半に大きく減速しており、移動平均線は遂に10月マイナス圏に入っています

AUD/USD 日足テクニカル分析

AUD/USDは、2017/12/08の安値 0.7504を付けてからは急激に上昇しているのでこれ以上の上昇には、勢いを蓄積する必要がある。

次の材料がきっかけで、更に上昇する可能性もありますが、材料次第では一旦、下落する可能性もあります。

しかし、上昇トレンドラインを割らない限りは勢いは継続すると推測します。

AUD/USD 4時間足テクニカル分析

4時間足でみると、SMA100はSMA200を下から上抜けており、値もSMA100,SMA200より上で推移しているので、上昇が継続していると判断します。

直近のサポートライン&レジスタンス

レジスタンスライン1:0.7980

サポートライン1:0.7930

現在は、50Pips前後の値幅の動きが続いていますが、この均衡が崩れた時に、どちらにブレイクするかを見定める必要があります。

今後の展開としては、

・0.7900$を超えたら、0.800$を目指して上昇する可能性がある。

・0.7930$を割ったら、0.7830$を付近まで下がる可能性はあるが、同時に押し目買いのチャンスの可能性もある。

AUD/USD オーダー

0.8100ドル 売り

0.8050-60ドル 断続的に売り

0.8010ドル 売り

0.8000ドル 売り厚め

0.7980-90ドル 断続的に売り

0.7970ドル 1/17 01:30現在(MT4)

0.7900ドル 買い厚め

0.7840ドル 買い

0.7800-10ドル 断続的に買い・割り込むとストップロス売り

0.7730-70ドル 断続的に買い

0.7690-710ドル 断続的に買い

0.7650-60ドル 断続的に買い

0.7600-20ドル 断続的に買い(0.7600ドル OP16日NYカット)





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*