FX:為替 MT4の注文の仕方 まとめ

時々、注文種別が分からなくなるのでまとめます。

MT4の注文種別

  • Buy Limit=買い指値 :現在のレートより低い価格で買い注文
  • Sell Limit=売り指値 :現在のレートより高い価格で売り注文
  • Buy Stop=買い逆指値 :現在のレートより高い価格で買い注文
  • Sell Stop=売り逆指値 :現在のレートより低い価格で売り注文

MT4の注文の仕方:成行注文

FX の注文方法はおもに「成行注文」、「指値注文」、「逆指値注文」の 3 種類があります。
ここでは、最も一般的な取引である成行注文について解説します。
成行注文とは、現在提示されている売値・買値で注文することをいいます。
たとえば、注文発注画面で「91.67/91.72」と表示されている場合は、左側の値が「成行売り」、右側の値が「成行買い」の値となります。
この成行注文で保持したポジションのことをオープンポジションといいます。
また、注文時には損失確定時などに利用する「決済逆指値」や、利益確定時などに利用する「決済指値」の設定を行うことができます。
決済逆指値や決済指値は注文後に変更することも可能です。
ポジションを保持する際の注意点としては、初期の状態での注文時の数量は「1.00」=10万通貨になっています。「0.01」=1 千通貨から始めることができます。

MT4の注文の仕方:指値注文

指値注文や逆指値注文を利用すると、指定したレートに達した際に、自動的に発注を行います。
ここでは、指値注文の解説をします。
指値注文とは、注文時点のレートより低い買いレート、または高い売りレートを指定する注文方法のことで、リミット(Limit)注文とも呼ばれます。
現在のレートより有利なレートで売買したい場合に利用されます。
例えば、1ドル=100 円 50 銭というレートの時、価格が 1 ドル=100 円 00 銭のタイミングで買い注文を出す場合、指値注文で「100 円 00 銭」の買い注文を出します。
これで100 円 00 銭になった時に自動的に発注されます。

MT4の注文の仕方:逆指値注文

逆指値注文とは、注文時点のレートより高い買いレート、または低い売りレートを指定する注文方法のことで、ストップ(Stop)注文とも呼ばれます。
たとえば、1ドル=78 円 00 銭というレートで、価格が 1 ドル=80 円 00 銭より上を抜けたらさらに上昇するだろうと考えた時、80 円 00 銭で買いの逆指値注文を出すことになります。
おもに傾向を予測して取引を行う方法です。
また、相場逆行時に損失が一定以上に広がらないよう損切りラインを設定する場合などにも利用されます。
買いポジションを保持していても、予想に反してレートが下がっていく場合があります。
そんな時に逆指値注文を利用して、指定したレートより下がった場合に自動的に売り注文を出せば、損失を限定することが出来ます。
ただし、必ず発注レートで約定するわけではなく、相場急変時などは発注レートと約定レートが異なる場合があります。

MT4の注文の仕方:ストップロス(決済逆指値)

トレードを行う際に重要な取引として「ストップロス」があります。ストップロスとは、損失を拡大させないために損切りすることをいいます。
FX でのストップロスは、たとえば、1 ドル=100 円 00 銭で買ったものの、予想に反してレートが下がる場合があります。
そこで事前にストップロスを設定しておけば、指定したレートより下がった場合に自動的に売り注文を出して、大きな損失を抑えることができます。
パソコンから長時間席を外す際などに便利です。
ストップロス注文は、注文の発注画面の「数量」の下にある「決済逆指値(S/L)」でレートを指定します。
決済逆指値の発注レートに達した際に自動的に決済します。
また、ストップロスの設定はポジションを保持した後でも変更することができます。





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*