FX:為替 BTC/USD テクニカル分析 2018/02/03

移動平均とRSIとフィボナッチを使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。

最近の動向

・BTC/USDは取引所のハッキングなどの影響で先週から弱気の相場が継続しています。

・日本で最大の取引量を誇っていた取引所コインチェックがハッキング被害に遭い5.23億XEMが盗まれる事件が発生しました

BTC/USD 日足テクニカル分析

■直近のサポート&レジスタンスライン

レジスタンスライン1:12260$

サポートライン1:7800$

2017/12/17の高値19887$をつけてからは、下降トレンドへと転機して7815$まで下落し少し反発しています。

最高値からは大幅に下落していますが、数回、上値を試していますが、何れも失敗に終わって、現在は、下降トレンドが継続しています。

現在は、日足のSMA200とSMA100の間で推移していますが再度、SMA200付近まで下げましたがこのラインがサポートラインとなっています。。

BTC/USD 4時間足テクニカル分析

4時間足で見ると、SMA200を割ってからはSMA100も割り、SMA100を超えることが出来ず、SMA100よりも下で下落トレンドが発生しています。

2018/01/28の高値 12011$から2018/01/31の安値 9590$へフィボナッチ・リトレースメントを引くと、

現在は、フィボナッチ23.6%付近から再度、下落しています。

今後、上昇へと転機する場合は少なくとも、フィボナッチ50%を超え、且つ、SMA100を上抜ける必要があります。

今後の展開として

・SMA200のサポートラインを維持できるか否かに注目。

・SMA$を割り込み、直近の安値 7800$を割った場合は、さらに下降する可能性があります。





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*