FX:為替 USD/JPY Dailyレポート 2018/02/06

毎朝、NY時間の振り返りとその日の戦略となるポイントをお伝えします。
基本的には移動平均、ピボット、RSIを使った分析となります

日足から分析する現在の状態

USD/JPYは下降トレンドラインを超えることが出来ず、再度、下落し108.80円付近まで下落しました。

直近のサポートラインとレジスタンスラインは下記です。

レジスタンス:114.73円

サポートライン:108.30円

2018/02/05のNY時間の分析(1時間足)

米株式市場は寄り時からマイナスで始まったが、一時ナスダック総合はプラス圏に入り、ダウ平均とS&P500も下げ幅を縮小し、米1月のISM非製造業の好結果で、ドル円は110円前半を回復していたがNYの午後に入ると米株は下げ幅を徐々に広げ、ダウ平均は1500ドルを超える大暴落を一時記録し、ナスダック総合も200ドルを超えて下がったことでドル円は108円後半まで下落した。、

前日のNY時間の高値は110.25円、安値は108.97円となり、アジア時間の安値を大幅に更新して下落しました。

2018/02/06の戦略

トレンドライン・サポートラインを15分足で引いて、戦略を立てる。

109.30円を超えたら、買いで入り109.50円を目途に、10pips前後を目標とする。

別のシナリオとして、108.80円を割ったら、売りで入り、108.50円を目途に10pips前後を目標とする。

ドル円 オーダー

112.00円 売り厚め

111.70-90円 断続的に売り

111.40-50円 断続的に売り

111.20円 売り

110.50-111.00円 断続的に売り

109.07円 2/6 02:000現在(MT4)

109.20円 買い

109.00円 買い

108.20-80円 断続的に買い

108.00円 買い厚め

FX 為替:経済指標発表スケジュール 2018/02/06

日付 時刻 内容 前回 予想 結果
13
(火)
8:50 日本

1月国内企業物価指数(前月比)

8:50 日本

1月国内企業物価指数(前年同月比)

9:30 豪州

1月NAB企業景況感指数

17:15 スイス

1月生産者輸入価格(前月比)

18:30 英国

1月消費者物価指数(CPI)(前年同月比)

18:30 英国

1月小売物価指数(RPI)(前月比)

18:30 英国

1月小売物価指数(RPI)(前年同月比)

18:30 英国

1月消費者物価指数(CPI)(前月比)

18:30 英国

1月卸売物価指数(食品、エネルギー除くコアPPI)(前年同月比)





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*