FX:為替 MT4 過去の取引履歴をチャートへ表示する方法

MT4で過去の取引履歴を表示するインジケーターの使い方を説明します。
標準機能で表示する方法とインジケーターを使って表示する方法の2通りあります。

MT4で過去の取引履歴を表示する方法(インジケータを使わない)

MT4には標準でトレード履歴をチャート上に表示して視覚的に自分のトレードの検証を行うことができます。

しかし、1個の取引履歴しかチャート上には表示出来ません。

やり方はとても簡単です。

ターミナルを開いて、「口座履歴」から表示したいトレード履歴をチャートへドラック&ドロップするだけです。

どの通貨でも問題ありません。

ドラック&ドロップした後に、自動でチャートの通貨は取引履歴の通貨へ変更されます。

しかし、1個のトレード履歴しか表示できないのはとても不便です。
Screenshot_221

MT4で過去の取引履歴を表示する方法(インジケータを使う)

MT4の標準機能ではトレード履歴をチャート上に1個しか表示出来ないので今回はインジケーターを使います。

↓↓↓↓↓↓このインジケーターを使うと、複数の取引履歴をまとめてチャート上へ表示することが出来ます。

やり方はとても簡単です。

ターミナルを開いて、「口座履歴」から表示したいトレード履歴をチャートへドラック&ドロップするだけです。

どの通貨でも問題ありません。

ドラック&ドロップした後に、自動でチャートの通貨は取引履歴の通貨へ変更されます。

但し、口座履歴の中に複数の通貨のトレード履歴がある場合は、ドラック&ドロップした通貨のみ表示されます。
Screenshot_222

当たり前と言えば、当たり前ですが・・・

チャート上に取引履歴が表示された後に、時間足を変えたり、インジケーターを追加したりして検証してみてください。

MT4で過去の取引履歴を表示して検証するとわかることがある

RizeFxでは裁量トレード履歴をチャートに表示して検証していますが、もちろん、裁量だけではなくEAの取引履歴も表示出来ます。

但し、ストラテジーテスターのバックテストのトレード履歴は表示出来ません。

表示出来るのはリアル口座、デモ口座で取引したトレード履歴のみです。

時間足を変えたり、インジケーターを追加したりして、トレードの反省を行うことで、今後のトレード力が身につくと思いますので一度、試してみては如何でしょうか?





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*