FX:為替 USD/JPY Dailyレポート 2017/04/11

success-1093891_640

毎朝、NY時間の振り返りとその日の戦略となるポイントをお伝えします。
基本的には移動平均、ピボット、RSIを使った分析となります

日足から分析する現在の状態

日足から判断すると、昨日のレジスタンスラインである111.45円を少し更新したので、現在は、110.10円~111.58円のレンジ内に位置している
111円後半(111.58円)は非常に大きな壁があるので、この壁を超えるには何かを大きな要素が必要となる。

直近のサポートラインとレジスタンスラインは下記です。

レジスタンス1:2016/03/10 115.50円

レジスタンス2:2017/03/31 112.20円

レジスタンス3:2017/04/10 111.58円

サポートライン1:2017/03/27 110.10円

20170411-D1

2017/04/10のNY時間の分析(1時間足)

まずは前日のNY時間の高値・安値をチェック。

前日のNY時間の高値は111.30円、安値は110.80円となり、NY時間の安値を既に割っている。

NY時間について、

米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長の一連の発言を挟んで、日本時間の午前5時23分につけた高値111.11円から110.66円まで下落した。

また、ドル/円は底堅いイメージもあるが、テクニカルには110円レベルまで目立ったサポートがないので下落するときは早そうだ。

ドル買いオーダーが110.50円、110.00円に控えているが、110.00円割れにはストップロスが控えているので警戒が必要。

20170411-H1

時間足毎の分析 2017/04/11

日足 4時間足 1時間足 30分足
買い 売り 売り 売り

2017/04/11の戦略

サポートラインとレジスタンスラインを15分足で引いて、戦略を立てる

レジスタンス1:111.58円
レジスタンス1:111.40円
レジスタンス1:111.10円
サポートライン:110.10円

110.65円を割ったら、売りで入り、110.20円を目途に20Pips前後を目標とする。

別のシナリオとして、111.10円を超えたら、買いで入り111.40円を目途に、20pips前後を目標とする。

何れにしてもドルオーダーには注意が必要

20170411-M15

ドルオーダー

113.00円 売り
112.50円 売り、OP10日NYカット
112.20円 売り
112.00円 売り、OP10日NYカット
111.80円 売り
111.38円 4/10 21:31現在(高値111.58円 – 安値111.01円)
110.50円 買い
110.00円 買い・割り込むとストップロス売り、OP7日NYカット
109.80円 割り込むとストップロス売り

FX 為替:経済指標発表スケジュール 2017/04/11

日付 時刻 内容 前回 予想 結果
11(火) 10:30  豪州

3月NAB企業景況感指数 

   
  17:30  英国

3月小売物価指数(RPI)(前月比) 

1.1%     
  17:30  英国

3月小売物価指数(RPI)(前年同月比) 

3.2%     
  17:30  英国

3月消費者物価指数(CPI)(前月比) 

0.7%     
  17:30  英国

3月卸売物価指数(食品、エネルギー除くコアPPI)(前年同月比) 

2.4%     
  17:30  英国

3月消費者物価指数(CPI)(前年同月比) 

2.3%     
  18:00  ユーロ圏

2月鉱工業生産(前月比) 

0.9%     
  19:00  ユーロ圏

4月ZEW景況感調査 

25.6     





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*


*