FX:為替 USD/JPY Dailyレポート 2017/04/20

毎朝、NY時間の振り返りとその日の戦略となるポイントをお伝えします。
基本的には移動平均、ピボット、RSIを使った分析となります

日足から分析する現在の状態

日足から分析すると、昨日は109.16円の高値を付けたが、結局、108.36円のまで下落している。
4/18と同じような動きです。但し、陰線ではなく、陽線というところは注意したい。

直近のサポートラインとレジスタンスラインは下記です。

レジスタンス1:2017/04/12 109.85円

レジスタンス2:2017/04/13 109.38円

サポートライン1:2017/04/17 108.11円

20170420-daily-D1

2017/04/19のNY時間の分析(1時間足)

まずは前日のNY時間の高値・安値をチェック。

前日のNY時間の高値は109.16円、安値は108.68円となり、アジア時間につけた高値を更新し、109円台に到達したが結局、108円台に戻されている。

NY時間について、

モルガンスタンレーの決算は債券トレーディングの収入がほぼ2倍の収益をあげたこともあり、市場予想より上回ったこと、米国の長期債の利回りが一時2.223%まで上昇したこともあり、ドルの買い戻しが優勢で、ドル円は本日の高値を更新し109.18円まで上昇した。
しかし、クロス円の売りが入り重くなり、108円後半まで押し戻された。

20170420-daily-H1

時間足毎の分析 2017/04/20

日足 4時間足 1時間足 30分足
売り 売り 売り 買い

2017/04/20の戦略

トレンドライン・サポートラインを15分足で引いて、戦略を立てる

NY時間の底値である、108.65円を割ったら、売りで入り108.45円を目途に、15pips前後を目標とする。

別のシナリオとして、109円をしっかり超えたら、買いで入り109.17円を目途に、10pips前後を目標とする。

基本はレンジ相場で、動きが限定的になっているので利益を欲張らず、細かく複数回取る戦略が良い。

20170420-daily-M15

ドル円サポート&レジスタンス

第4レジスタンス:109.35-40円(4/13高値圏など)
第3レジスタンス:109.20-25円(4/18高値圏&ピボットS1)
第2レジスタンス:109.15-20円(前日高値圏など)
第1レジスタンス:108.95-109.00円(4/18/20時台高値圏など)

NY引け値:108.85円(+0.45円)

第1サポート:108.80-85円(200日移動平均線&60分足20本基準線)
第2サポート:108.65-70円(4時台安値圏&75時間移動平均線)
第3サポート:108.40-45円(ピボットB1&10時台安値圏)
第4サポート:108.30-35円(4/18安値圏など)

FX 為替:経済指標発表スケジュール 2017/04/20

日付 時刻 内容 前回 予想 結果
20
(木)
7:45  ニュージーランド

1-3月期四半期消費者物価(CPI)(前期比) 

0.4%  0.8%   
  8:50  日本

3月貿易統計(通関ベース) 

8134億円  6080億円   
  8:50  日本

前週分対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債)  

     
  8:50  日本

前週分対外対内証券売買契約等の状況(対内株式)  

     
  18:00  ユーロ圏

2月建設支出(前月比) 

-2.3%  —   
  18:00  ユーロ圏

2月建設支出(前年同月比) 

-6.2%  —   
  19:30  英国

カー二ー英中銀(BOE)総裁、発言 

     
  21:30  米国

前週分新規失業保険申請件数 

23.4万件  —   
  21:30  米国

4月フィラデルフィア連銀製造業景気指数 

32.8  25.0   
  23:00  米国

3月景気先行指標総合指数(前月比) 

0.6%  0.2%   
  23:00  ユーロ圏

4月消費者信頼感(速報値) 

-5.0  -4.7   





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*