FX:為替 USD/JPY Dailyレポート 2017/04/21

毎朝、NY時間の振り返りとその日の戦略となるポイントをお伝えします。
基本的には移動平均、ピボット、RSIを使った分析となります

日足から分析する現在の状態

日足から分析すると、4月17日の108.11を底値として、徐々に底値を切り上げて上昇している。
現時点では、SMA200を超え、且つ、陽線が出ているの底値を試すことは一旦、終わったとみてもよい。

直近のサポートラインとレジスタンスラインは下記です。

レジスタンス1:2017/04/12 109.85円

レジスタンス2:2017/04/20 109.47円

サポートライン1:2017/04/17 108.11円

20170421-daily-D1

2017/04/20のNY時間の分析(1時間足)

まずは前日のNY時間の高値・安値をチェック。

前日のNY時間の高値は109.47円、安値は108.99円となり、アジア時間につけた高値を更新し、109円台に到達した。

NY時間について、

109円前後で小動きだったドル円は黒田日銀総裁がインタビューで「当面の間資産購入等を続け、出口戦略はまだ先のこと」と発言したことが伝わり、ドル円はストップロスを巻き込んで今週の高値109.40円まで上昇した。
また、米長期債の利回りが2.226%まで低下したこともあり一旦、109.05円までドル円も戻した。
しかし、米国の3月景気先行指数が市場予想の+0.2%よりも良い+0.4%になったこと、ムニューシン米財務長官の税制改革の積極姿勢の発言が米株の上昇と、ドル買いになり109.49円まで再び上昇した。

20170421-daily-H1

時間足毎の分析 2017/04/21

日足 4時間足 1時間足 30分足
買い 売り 買い 買い

2017/04/21の戦略

トレンドライン・サポートラインを15分足で引いて、戦略を立てる

NY時間の底値である、108.94円を割ったら、売りで入り108.67円を目途に、15pips前後を目標とする。

別のシナリオとして、109.48円を超えたら、買いで入り109.84円を目途に、15pips前後を目標とする。

トレンドは上昇傾向にあるので、戻ってきたら買うという戦略が良いと思う。

20170421-daily-M15

ドル円サポート&レジスタンス

第4レジスタンス:109.85-90円(4/12高値圏など)
第3レジスタンス:109.60-65円(ピボットS1など)
第2レジスタンス:109.50-55円(転換線など)
第1レジスタンス:109.45-50円(前日高値圏など)

NY引け値:109.31円(+0.46円)

第1サポート:109.15-20円(2時台安値圏&200時間移動平均線)
第2サポート:108.95-109.00円(21時台安値圏など)
第3サポート:108.80-85円(ピボットB1&200日移動平均線)
第4サポート:108.70-75円(前日安値圏など)

FX 為替:経済指標発表スケジュール 2017/04/21

日付 時刻 内容 前回 予想 結果
21
(金)
13:30  日本

2月第三次産業活動指数(前月比) 

0.0%  0.3%   
  17:00  ユーロ圏

4月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 

56.0  56.0   
  17:00  ユーロ圏

2月経常収支 

241億EUR  —   
  17:00  ユーロ圏

4月製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 

56.2  56.0   
  17:30  英国

3月小売売上高指数(前月比) 

1.4%  -0.3%   
  21:30  カナダ

3月消費者物価指数(CPI)(前月比) 

0.2%  0.4%   
  21:30  カナダ

3月消費者物価指数(CPI)(前年同月比) 

2.0%  1.8%   
  23:00  米国

3月中古住宅販売件数(年率換算件数) 

548万件  559万件   
  23:00  米国

3月中古住宅販売件数(前月比) 

-3.7%  2.0%   





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*