MT4のEA(自動売買)を安定して動かす環境を構築して検証してみました。

FX(為替) MT4のEA(自動売買)を安定して動かす環境

FX(為替) MT4のEA(自動売買)を安定して動かすためには環境を構築する必要があります。
一般的にはリモートデスクトップサービスを利用します。
その時にまず、月額、メモリ、使いやすさなどを比較して自分にあったサービスを利用しなければいけません。

今までに、いろいろと試したのでその結果を共有したいと思います。

2Gのリモートデスクトップサービスで何個のEAが稼働出来るのか?

毎月かかるコストなので成るべく、1個のリモートデスクトップで複数を動かしたいというのが希望ですが、限界があります。

RizeFxのEAでは、平均して1個のEAはCPU:約30%、メモリ:約45Mくらい使用しています。
単純計算しても、2Mで3個のEAが限界です。
■3個のEAを稼働させた時
screenshot_33

試しに、5個動かしたのですがやっぱり駄目でした。「応答なし」が頻発して、動きが止まります。
これでは大事な時にポジションが取れなかったり、決済できなかったりします。
■5個のEAを稼働させた時
screenshot_32

結論として、2Mのリモートデスクトップでは3個までとRizeFxでは決めています。
しかし、より安定を望む場合は2Mのリモートデスクトップで2個としたほうが無難です。

FX(為替) MT4のEA(自動売買)を安定して動かすリモートデスクトップサービスの比較

最近では色々とリモートデスクトップサービスがありますが、メモリ2Mで比較しました。
コスト的に一番よかったのは「ABLENET VPSサービス」です。
ただ、お名前.comデスクトップクラウドは若干割高ですが、ロケーションにアメリカを選べるのでタイムラグが少ないのが魅力的です。
EA(自動売買)に限らず、FX(為替) の取引ではレイテンシーが重要です。

何れにしても、RizeFxでは「ABLENET VPSサービス」か「お名前.comデスクトップクラウド」をお勧めします。
実際に、RizeFxでは両方使っています。

VPSサービス名 月額 メモリ コメント
ABLENET VPSサービス 2,553円 2G 月額で比較すると一番最安値でした。また、普通に使えて普通に稼働しています
お名前.comデスクトップクラウド 4,660円 2G ABLENETより割高ですが、ロケーションにアメリカを選べるのがEAを使うにはいいですね
SPPD 仮想Windowsデスクトップサービス 3,564円 2G 価格も微妙で、あまり使い勝手も良くなかった
使えるネット  FX専用VPS 2,980円 2G 価格はある程度安いけど、はっきりって、「使えないネット」でした

FX(為替) MT4のEA(自動売買でリモートデスクトップを使えばほったらかしでいいのか?

ほったらかしはやっぱりだめです。

なぜかというと、OSの問題なのですが、ある程度、定期的にOSのメモリーを開放しないと動きが鈍くなります。
RizeFxでは週末に再起動しています。

そして、無駄なサービス、常駐ソフトは全て「無効」にして成るべく、CPUとメモリをEAだけが使えるように最初に設定しています。



Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone