カナダドル/円は73円の底値から反発するも移動平均線のSMA100が抵抗となり上値を抑えているが今後ブレイク出来るか?テクニカル分析 2020/03/25

カナダドル/円 テクニカル分析

■カナダドル/円を4時間足で分析すると

先週は73.80円から大幅に上昇し77.78円付近まで上昇しましたが移動平均線のSMA100が抵抗となり下押しされ移動平均線のSMA50付近まで下落し下げ止まりました。

下げ止まった移動平均線のSMA50付近の値は76円となるため意識され抵抗となったと推測しますが、そこからは再び反発しています。

しかし、再び、移動平均線のSMA100が抵抗となり上値を抑えていますが、オシレーター系のRSIは50%以上で推移していることから今後、76円半ばで下値が支えられた場合移動平均線のSMA100が位置する77.15円を試す動きになると推測します。

また、今後、クロス円ではリスク回避の緩和により、資源国通高が優勢になる可能性もあるので77円台へ到達出来るか否かが注目されます。

■カナダドル/円 レジスタンス&サポートライン

レジスタンスライン:77.15円

サポートライン1:73.80円

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*