ドル円(USD/JPY) テクニカル分析 2020/03/09

ドル円(USD/JPY) テクニカル分析

■ドル円を週足で分析すると

2020年2月20日に高値 112.23円を付けてから下落へと転じ、107.80円のサポートラインを割り込んでからは一時反発するも、再び、下落し先週末には104.99円の安値を付けました。

しかし、週明けの本日は窓が開けて取引が開始され、一時、103.51円まで下値を伸ばしたのは、意識されていた104.00円を下抜けたことでストップロスを誘発し、2016年11月以来の安値を更新した。

これは新型コロナウイルスの世界的な感染拡大と経済への影響が懸念され、週明けからリスク回避の動きが先行しました。

今後の動向として、105円を回復しない限りはさらに下値を伸ばす可能性があると推測します。

■ドル円 レジスタンス&サポートライン

レジスタンスライン1:105.00円

サポートライン1:100.00円

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*