ポンド/ドルはドル全面高となったことでポンドドルは1985年3月以来35年ぶりの安値を更新しました! テクニカル分析 2020/03/19

ポンド/ドル(GBP/USD) テクニカル分析

■週足でポンド/ドルを分析すると

先週は1.32$から1.2256$まで大幅に下落したことで大陰線が形成され、今週もその流れが引き継がれたことでさらに下落し、サポートラインの1.2$を割込みさらに下落し、一時、1.1448$まで下げました。

これは「英国と欧州連合(EU)・米国との通商交渉が難航する」と噂される中で、ドル全面高となったことでポンドドルは1985年3月以来35年ぶりの安値を更新しました。

ここまで下げると、中々元の水準まで戻すことは難しと推測しますが、下げ止まったことで一旦下値は見たので今後の動向としては、1.2$~1.144$で推移をしながら方向性を模索すると推測しますが、依然、下値不安はあるので、戻り売りの場面があればさらに下落する可能性もあります。

■ポン/ドドル サポートライン・レジスタンスライン

レジスタンスライン:1.200$

サポートライン:1.1448$

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*