米ドル/カナダドルは三角持ち合いの中のダブルトップからのネックライン割れが売り場となるか?トレードシグナル 2020/04/02

米ドル/カナダドル(USD/CAD) テクニカル分析

■米ドル/カナダドルを4時間足で分析すると、

中期的な流れは上昇基調ですが、$1.3920まで値を下げた後から反発して一時、1.434$付近まで上昇しましたがそこから急落し1.4050$まで下げましたが下値が支えられ反発したことで、ダブルトップが形成されました。

しかし、オシレーター系のRSIは50%付近で停滞し、陰線が3本連続で形成されつつあり、このまま高値を切り下げて下落すれば、上昇トレンドラインを1.41$付近で割り込んでくる可能性があるのでその場合は、売りシグナルが点灯します。

また、ダブルトップが形成された外側では三角持ち合いが形成されていることからどちらかというと下値不安が強いと推測します。

売りシグナルが点灯した後の利益確定は、1.4050$付近と1.399$付近になります。

■売りの場合、

売り:1.4090$

利益確定:1.4050$

損切:1.4240$

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*