豪ドル/円は上昇トレンドラインを割り込んで65円付近まで下落したが再び67円台を目指す展開となるか?テクニカル分析 2020/03/27

豪ドル/円(AUD/JPY) テクニカル分析

■豪ドル/円を4時間足で分析すると、

59円台の底値から上昇へと転じ、66円付近まで大きく値を伸ばした後、一時、63円台まで調整が入りましたが今週は上昇トレンドラインに沿って67.66円まで上昇しましたが、上値詰まりの展開になり上昇トレンドラインを割り込んで65円台まで大幅に下落しました。

しかし、65円台で下値が支えられたことで、オシレーター系のRSIは50%以上で推移、移動平均線のSMA50が平行になり、移動平均線のSMA50付近が抵抗となり下げ止まったことなどから再び、66円台まで値を戻したことで再び上昇する余地があります。

現在は、移動平均線のSMA100が抵抗となっていますがそんなに強い抵抗ではないはずなので66円台で下値が支えられている限り67円台を目指す動きとなる。

■豪ドル/円 サポート・レジスタンスライン

レジスタンスライン:67.70円

サポートライン:66.00円

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*