豪ドル/米ドルは0.6220$付近でダブルトップが形成されネックラインで下値が支えられた場合はレンジ圏から上昇の可能性が大きいか?テクニカル分析 2020/04/01

豪ドル/米ドル(AUD/USD) テクニカル分析

■豪ドル/米ドルを4時間足で分析すると

先週末に大幅に上昇したことで一時、移動平均線のSMA100を上抜け、若干押し戻されましたが、昨日モリソン豪首相が雇用対策で1300億豪ドル規模の経済対策を発表して以来豪州株式市場が堅調に推移したことで豪ドル/ドルも株価の値動きに連れて一時0.6212$まで上昇しました。

3月19日に底値 0.5506$を付けてからは上昇トレンドが継続しましたが、0.622$付近でダブルトップを形成してからはレンジ圏での動きが意識されていますが、オシレーター系のRSIは50%以上で0.6070$付近で下値が支えられていることから、目先は買い戻しの動きが意識されていると推測します。

今後の動向として、0.6070$付近で下値が支えられた場合は上昇→レンジ→上昇の値動きになる可能性があります。

■豪ドル/米ドル サポートライン&レジスタンス

レジスタンスライン:0.6220$

サポートライン:0.6070$

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*