カナダドル/円(CAD/JPY)は82円台を回復し下値が支えられた場合、再び上昇する余地はあるがそうでない場合は、下落?テクニカル分析 2019/12/04

カナダドル/円 テクニカル分析

■カナダドル/円を4時間足で分析すると

移動平均線のSMA200をブレイクし82.60円付近まで値を伸ばしましたが、そこから上値が重たくなり、82円を割り込みました。

82円を割り込んでから一時、下げ止まり反発しましたが、移動平均線のSMA50付近で上値を抑えられ再び下落し、81.50円付近まで下落しましたが、そこから82円手前まで戻しました。

日足見ると、まだ上昇する可能性はありますが、その境目としては、81.50円になります。

今後の動向として、82円台に回復し、82円台で下値が支えられた場合、再び上昇する余地はありますが、82円台を回復できない場合は、再び、81.50円まで下げ、さらに割り込んだ場合は、下降トレンドへと転機すると推測します。

■カナダドル/円 レジスタンス&サポートライン

レジスタンスライン1:82.00円

サポートライン1:81.50円

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*