ドル円(USD/JPY)は109円を維持出来なかったことで相場の転機が訪れるか?テクニカル分析 2019/12/09

ドル円(USD/JPY) テクニカル分析

■日足でドル円を4時間足で分析すると

先週は109.70円付近まで上昇しましたがトランプ大統領が米中貿易協議の合意に「期限はない」と発言したことで、同協議への懸念が強まりドル円続落しました。

一時、108.50円付近まで下げるも、反発しましたが109円台が意識され、そこが抵抗となり上値を抑えました。

先週の金曜日は非農業部門雇用者数が前月比26万6000人増と予想の前月比18万人増を上回ったことで一時。108.90円付近まで戻しましたが終値は108.56円でした。

今後の動向として、日足では移動平均線のSMA200を割り込んだことで、下降基調傾向になる傾向にありますが、109円台を回復出来れば再び、上値を試す余地はありますが、108.30円を割り込むと下降トレンドへと転換する可能性があります。

■ドル円 レジスタンス&サポートライン

レジスタンスライン1:109.00円

サポートライン1:108.30円

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*