ドル円(USD/JPY)は109.50円を維持出来なかったことでさらに下押しされるか、それとも引き続き上値狙いか?テクニカル分析 2019/12/02

ドル円(USD/JPY) テクニカル分析

■日足でドル円を4時間足で分析すると

先週は下降トレンドラインと上昇トレンドラインで三角持ち合いが形成され、どちらに抜けるかというのが焦点でしたが、結果は上抜け、一時、109.50円を超えました。

しかし、現物のダウ平均が120ドル超下落すると、上値が重くなって、109.50円を割り込み一時、109.38円まで下げましたが、金曜日の終値では109.47円でした。

今後の動向として、週末に109.50円を割り込まず下値が支えられた場合、さらに続伸する可能性が高かったのですが、109.50円を割り込んだことで、109.50円が再び、レジスタンスラインとなり、これを超えることが出来なければ下押しされる可能性も出てきました。

下押しされた場合、109.25円で下値が支えられれば再び、上昇する余地があるがあるので、このラインは意識されると推測します。

■ドル円 レジスタンス&サポートライン

レジスタンスライン1:109.50円

サポートライン1:109.25円

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*