NZドル/米ドル(NZD/USD) 順張りで31Pips獲得! 【FX】王道 順張りマルチタイムフレーム 裁量手法 2019/09/28

【FX】王道の順張り&逆張り マルチタイムフレーム分析を使った裁量手法のトレードの振り返りです。

「【FX】王道の順張&逆張り マルチタイムフレーム 裁量手法」とは?

基本的なことのみで、特別なインジケーターを使ったり、複雑なルールがあるわけではなく、一般的な手法なのでWEB上を探せば同じような情報は沢山ありますw

単にその基本的なことを一つずつ確認しながら行うので少し手間かもしれませんが、参考にして頂ければ幸いです。

興味のある方はこちら!(^Д^)

NZドル/米ドル(NZD/USD)の相場分析

2019年09月19日のNZドル/米ドルを日足でみると、0.6450$手前で上値が抑えられて、下落し中期移動平均線まで戻すことが出来ず、短期移動平均線を下抜けているのでさらに続落しそうな状態ですね。

NZドル/米ドル(NZD/USD) 4時間

4時間足では、短期移動平均線は右肩下がりで長期移動平均線とデッドクロスしているが0.6298$付近で下げ止まり若干反発しましたが再び、押し戻され陰線が形成されている状態です。

    POINT!

  • 0.6322$が前回のサポートラインで今回のレジスタンスラインとなり上値を抑えている。
  • 過去にも0.6322$付近で上値が抑えられていた
  • サポートラインを大陰線で下抜けていた
  • RSIは50%以下

従って、大まかな流れは下降基調にあると判断しました。

NZドル/米ドル(NZD/USD) 1時間

1時間足では、長期移動平均線、中期移動平均線、短期移動平均線全てが右肩下がりで一目均衡表の雲もしっかり出ており下降トレンドを示唆しています。

    POINT!

  • 短期移動平均線で上値が抑えられながら下落しています。
  • 短期移動平均線と中期移動平均線がデッドクロスしている
  • ローソク足の値は一目均衡表の雲よりもはるか下に位置し、且つ、次の雲も下降を示唆していた。
  • RSIは50%以下

NZドル/米ドル(NZD/USD)のトレード戦略

    2019年09月19日のNZドル/米ドル(NZD/USD)のトレード戦略

  • 4時間足:上値が抑えられ反落している
  • 1時間足:
  • RSIは1時間足、4時間足ともに50%以下で推移
  • トレード戦略:短期移動平均線からの戻り売り

NZドル/米ドル(NZD/USD) 5分足でエントリーを行う

5分足の状況は、3本の移動平均線が密集しており、一目均衡表で上昇と下降の雲が交互に出現しているのでレンジ相場と判断。

しかし、既に上昇トレンドラインを下抜けていたので短期移動平均線を下にブレイクした時にポジションを持ちました。

画像ではポジション持ってすぐに押し戻されていますが・・・・(笑)

0.63097$でポジった!

損切と利益確定

利益確定:4時間足の直近安値でローソク足の実態付近で約30Pipsを目指す。

損切:約25Pipsくらいで設定、4時間足で過去にローソク足が「トウバ」を形成した辺り

NZドル/米ドル(NZD/USD)の順張りトレードの結果

結果は?

31Pips 取れた!

トレード戦略を立てた1時間足より大きい足の流れに乗れたこと、多くのトレーダーが意識しているポイントでポジションを立てることが出来たことが要因の1つですね。

損切ポイントが少し深すぎたのでリスクリワードが「2:1」になっていなかったですが「1:1」にはなっていたので取り合えずはチャレンジした感じですね。

利益確定を直近安値のヒゲ先まで入れておけばリスクリワードが「2:1」になったのですがそこまで引っ張る勇気はなかったですw





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*