FX:為替 BTC/USD テクニカル分析 2018/02/09

移動平均とRSIとフィボナッチを使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。

最近の動向

・BTC/USDは2018/01/28の高値 12011$からさらに下落し、5830$まで下げましたがそこから反発して下落前の値近くまで戻しました。

・米ワイオミング州で仮想通貨の税制優遇制度が提案される

BTC/USD 日足テクニカル分析

■直近のサポート&レジスタンスライン

レジスタンスライン1:12000$

サポートライン1:6565$

BTC/USDは2018/01/28の高値 12011$からさらに下落し、2018/02/06の安値 5830$まで下げましたがそこから反発して下落前の値近くまで戻しました。

2017/12/07の高値 19887$の最高値を付けて以降、約2ヶ月間下げ相場が続きましたが、今週に5830$の底値を付けたことで下値固めをして、反発しました。

下ヒゲを大きく出してからは、SMA200も超え、現在はSMA100の手前で推移しています。

日足のSMA100をブレイクすればさらに上昇する可能性があります。

BTC/USD 4時間足テクニカル分析

4時間足で見ると、下降トレンドラインが形成されて下落が続いていましたが、下降トレンドラインをブレイクして上昇へと転じました。

まずはSNMA100付近の8681$のサポートラインを超えた後からは勢いが付き、SMA200も超えました。

直近のサポートラインとしてはSMA200付近の9800$になります。

また、レジスタンスラインとしては12000$になり、この値を超えることが出来れば次のターゲットは13000$になります

今後の展開として

・ラウンドナンバーの12000$を超えた場合は、13000$が視野に入ります。

・98000$のサポートラインを割り込んだ場合、再度、下落へと転じる可能性があります。





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*



*