FX:為替 EUR/USD テクニカル分析 2019/02/28

EUR/USD 日足分析

日足でEUR/USDを分析すると、

2019年1月31日に高値 1.1515$を付けてから下降トレンドへと転機し下落しましたが、1.1230$で下支えされました。

2019年2月15日に1.1233$から反発したことでの長い下ヒゲ付きの実践が短いローソク足が形成されたことで、買い圧力が強いことが示唆されていたことから上昇へと転機しました。

また、前回のレジスタンスラインとして1.1350$付近もブレイクしたことでいきおいが付き一時、1.1400$まで上昇しましたが1.140台を維持することは出来ず、現在は押し戻されています。

フィボナッチ・リトレースメントでは、現在の値はフィボナッチ50%付近に位置すること、1.140$越えに2回失敗していることから、前回のレジスタンスラインの1.1350$(現在のサポートライン)を割り込めば、再度、下げ相場へと転機する可能性がありますが、このまま、サポートラインを維持し、推移すれば再度、1.140$越えを試す可能性があります。





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*