FX:為替 USD/JPY 週間マーケットレポート 2019/04/15 〜2019/04/19

USD/JPY 先週の相場のポイント 2019/04/01〜2019/04/05

この週のUSD/JPYは3日間陰線が形成されましたが、111円を割り込んでから反発し先々週の高値 111.80円をブレイクし週末の金曜日には112円台に到達しました。

ドル円の動きの背景には下記の要因が考えられます。

04/08:ドル円は上値が重たく、東京時間に株価の下落に伴い下落し、NY時間でも同じような展開で111.27円まで売られました。

04/09:米国とEUとの貿易摩擦が激化したことに加え、IMFが世界経済見通しを下方修正したことで、ドル円は111円を割り込みました

04/10:長期金利の低下にドル売りが優勢となりドル円は再び111円を割り込み、110.80円付近まで下落しました。

04/11:前日は110円後半まで値を下げたドル円でしたが、良好な米経済指標と長期金利の上昇に111.68円まで反発しました。

04/12:3月中国貿易統計で輸出額の伸びが予想を大きく上回り、同国の景気減速への懸念が緩和されたこと、米金融機関の好決算も手掛かりにダウ平均が290ドル超上昇するとドル円は続伸しました。

今週の戦略 2019/04/15 〜2019/04/19

112円手前に大きな抵抗がありブレイクするにはそれなりの材料が必要になりますが先週末に2日連続で大陽線が形成されていることから続伸することが期待されます。

・買いの場合:112.10円を超えた場合は、買いでポジションを持つことを検討する。

・売りの場合:110.80円を割った場合は、売りでポジションを持つことを検討する。

今週の主な経済指標発表

・04/17 11:00:(中) 1-3月期 四半期国内総生産(GDP) [前期比]

・04/17 11:00:(中) 1-3月期 四半期国内総生産(GDP) [前年同期比]

・04/17 18:00:(欧) 3月 消費者物価指数(HICP、改定値) [前年同月比]

・04/17 18:00:(欧) 3月 消費者物価指数(HICPコア指数、改定値) [前年同月比]

・04/18 21:00:(米) 3月 小売売上高 [前月比]

・04/18 21:00:(米) 3月 小売売上高(除自動車) [前月比]

・04/18 08:30:(日) 3月 全国消費者物価指数(CPI) [前年同月比]

・04/18 08:30:(日) 3月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く) [前年同月比]

・04/18 08:30:(日) 3月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品・エネルギー除く) [前年同月比]





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*



*