FX:為替 USD/JPY Dailyレポート 2017/06/15

毎朝、NY時間の振り返りとその日の戦略となるポイントをお伝えします。
基本的には移動平均、ピボット、RSIを使った分析となります

日足から分析する現在の状態

下降トレンドライン付近までタッチしてから大幅に下落しました。

直近のサポートラインとレジスタンスラインは下記です。

レジスタンス1:2017/05/11 114.36円

レジスタンス2:2017/05/24 112.12円

サポートライン1:2017/06/14 108.80円

サポートライン2:2017/04/17 108.11円

20170615-daily-D1

2017/06/14のNY時間の分析(1時間足)

米経済指標を受けてドル売りが強まった。
5月消費者物価指数は前月比-0.1%と市場予想を下回り、同小売売上高もプラス予想に反し-0.3%と1年4カ月ぶりの低下幅。

序盤は米連邦公開市場委員会(FOMC)声明の発表後 に持ち直した。
連邦準備理事会(FRB)が政策金利を引き上げたうえ、金融引き締めを 続ける方針を示したことを受け、ドルが買い戻された。

前日のNY時間の高値は110.28円、安値は108.80円となり、約1.5円の値動きがありました

20170615-daily-H1

日足 4時間足 1時間足
売り 売り 売り

2017/06/15の戦略

トレンドライン・サポートラインを15分足で引いて、戦略を立てる。

109.50円を超えたら、買いで入り109.70円を目途に、10pips前後を目標とする。

別のシナリオとして、109円を割ったら、売りで入り、109.80円を目途に10pips前後を目標とする。

20170615-daily-M15

ドル円 オーダー

112.00円 売り 
111.50円 売り
111.00円 売り
110.40円 売り
110.00円 売り、OP16日NYカット極めて大きめ
109.70円 売り

109.30円 6/15 02:00現在(MT4)

108.80円 買い
108.30-50円 断続的に買い
108.00円 買い

FX 為替:経済指標発表スケジュール 2017/06/15

日付 時刻 内容 前回 予想 結果
15
(木)
7:45  ニュージーランド

1-3月期四半期国内総生産(GDP)(前期比) 

     
  8:50  日本

前週分対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債) 

     
  8:50  日本

前週分対外対内証券売買契約等の状況(対内株式) 

     
  10:30  豪州

5月失業率 

     
  10:30  豪州

5月新規雇用者数 

     
  16:15  スイス

5月生産者輸入価格(前月比) 

     
  16:30  スイス

スイス国立銀行3カ月物銀行間取引金利誘導目標中心値 

     
  17:30  英国

5月小売売上高指数(前月比) 

     
  18:00  ユーロ圏

4月貿易収支 

     
  20:00  英国

英中銀資産買取プログラム規模 

     
  20:00  英国

英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨 

     
  20:00  英国

イングランド銀行(BOE、英中央銀行)金利発表 

     
  21:30  米国

前週分新規失業保険申請件数 

     
  21:30  米国

6月ニューヨーク連銀製造業景気指数 

     
  21:30  米国

6月フィラデルフィア連銀製造業景気指数 

     
  21:30  米国

5月輸入物価指数(前月比) 

     
  21:30  米国

5月輸出物価指数(前月比) 

     
  21:30  カナダ

4月製造業出荷(前月比) 

     
  22:15  米国

5月設備稼働率 

     
  22:15  米国

5月鉱工業生産(前月比) 

     
  23:00  米国

6月NAHB住宅市場指数 

     
  29:00  米国

4月対米証券投資(短期債除く) 

     





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*



*