FX:為替 USD/JPY Dailyレポート 2018/08/03

毎朝、NY時間の振り返りとその日の戦略となるポイントをお伝えします。
基本的には移動平均、ピボット、RSIを使った分析となります

日足から分析する現在の状態

USD/JPYは、111円前半まで値を下げましたが、111円半ばでクローズされ、2日連続で下ヒゲが観測されたので相場は下げることを嫌がっている感じです。

直近のサポートラインとレジスタンスラインは下記です。

レジスタンス:112.00円

サポートライン:110.50円

2018/08/02のNY時間の分析(1時間足)

ドル円は欧州時間に、米中貿易摩擦の激化懸念から時間外のダウ先物や日経平均先物が下落したため111.30円まで下落しましたが、NY時間に入り、210ドル超安で始まったダウ平均がプラス圏に浮上したこと、日経平均先物も反発するなど株式相場の持ち直しを受けてショートカバーが強まり、一時111.73円まで値を伸ばしました。

前日のNY時間の高値は111.73円、安値は111.30円となり、アジア時間で下げた分はNY時間でほとんど戻しました。

2018/08/03の戦略

トレンドライン・サポートラインを15分足で引いて、戦略を立てる。

111.75円を超えたら、買いで入り112.00円を目途に、10pips前後を目標とする。

別のシナリオとして、111.55円を割ったら、売りで入り、111.30円を目途に10pips前後を目標とする。

ドル円 オーダー

113.10円 売り

113.00円 売り厚め、OP2日NYカット

112.80-90円 断続的に売り

112.30-60円 断続的に売り・超えるとストップロス買い(112.50円 OP8日NYカット)

112.20円 売り・超えるとストップロス買い

112.00円 売り、3日NYカット

111.63円 8/3 02:00現在(MT4)

111.00-30円 断続的に買い

110.90円 割り込むとストップロス売り

110.40-60円 断続的に買い

110.20円 買い

110.00円 買い

109.80円 買い

109.50-60円 断続的に買い

FX 為替:経済指標発表スケジュール 2018/08/03

日付 時刻 内容 前回 予想 結果
3
(金)
8:50 日本

日銀・金融政策決定会合議事要旨

10:30 豪州

6月小売売上高(前月比)

0.4% 0.3%
10:45 中国

7月Caixinサービス部門購買担当者景気指数(PMI)

53.9
16:15 スイス

7月消費者物価指数(CPI)(前月比)

0.0% -0.3%
17:00 ユーロ圏

7月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)

54.4 54.4
17:30 英国

7月サービス部門購買担当者景気指数(PMI)

55.1 54.7
18:00 ユーロ圏

6月小売売上高(前月比)

0.0% 0.4%
18:00 ユーロ圏

6月小売売上高(前年同月比)

1.4% 1.4%
21:30 米国

7月平均時給(前月比)

0.2% 0.3%
21:30 米国

6月貿易収支

-431億USD -460億USD
21:30 米国

7月平均時給(前年比)

2.7% 2.7%
21:30 米国

7月非農業部門雇用者数変化(前月比)

21.3万人 19.5万人
21:30 米国

7月失業率

4.0% 3.9%
21:30 カナダ

6月貿易収支

-27.7億CAD -23.0億CAD
22:45 米国

7月総合購買担当者景気指数(PMI、改定値)

55.9
22:45 米国

7月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)

56.2 56.2
23:00 米国

7月ISM非製造業景況指数(総合)

59.1 58.6





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*



*