FX:為替 USD/JPY Dailyレポート 2018/09/18

毎朝、NY時間の振り返りとその日の戦略となるポイントをお伝えします。
基本的には移動平均、ピボット、RSIを使った分析となります

日足から分析する現在の状態

USD/JPYは、112.12円まで値を伸ばしましたが先週末の高値 112.16円まであと一歩届かず112円を割った111.82円でクローズされました。

直近のサポートラインとレジスタンスラインは下記です。

レジスタンス:112.15円

サポートライン:111.80円

2018/09/17のNY時間の分析(1時間足)

ドル円はポンド円やユーロ円などクロス円の上昇につれた買いが入ったため一時112.11円付近まで値を上げたものの、先週の高値112.12円が目先レジスタンスとして意識されたほか、9月米ニューヨーク連銀製造業景気指数が予想を下回り相場の重しとなり、3営業日ぶりに反落しました。

前日のNY時間の高値は112.10円、安値は111.75円となり、レジスタンスライン付近の111.80円付近まで押し戻されました。

2018/09/18の戦略

トレンドライン・サポートラインを15分足で引いて、戦略を立てる。

111.87円を超えたら、買いで入り112.00円を目途に、10pips前後を目標とする。

別のシナリオとして、111.75円を割ったら、売りで入り、111.55円を目途に10pips前後を目標とする。

ドル円 オーダー

113.00円 売り厚め

112.60-80円 断続的に売り

112.30-50円 売り・ストップロス買い混在

112.20円 売り・超えるとストップロス買い大きめ

112.00円 OP18日NYカット

111.81円 9/18 01:00現在(MT4)

111.70円 割り込むとストップロス売り

111.40-60円 断続的に買い

110.90-1.20円 断続的に買い

110.80円 買い厚め

110.20-70円 断続的に買い

110.00円 買い

109.80円 買い

109.50円 買い

FX 為替:経済指標発表スケジュール 2018/09/18

日付 時刻 内容 前回 予想 結果
18
(火)
日本

日銀・金融政策決定会合(1日目)

10:30 豪州

4-6月期四半期住宅価格指数(前期比)

-0.7%
10:30 豪州

4-6月期四半期住宅価格指数(前年同期比)

2.0%
10:30 豪州

豪準備銀行(中央銀行)、金融政策会合議事要旨公表

21:30 カナダ

7月製造業出荷(前月比)

1.1% 1.0%
23:00 米国

9月NAHB住宅市場指数

67 66
29:00 米国

7月対米証券投資(短期債除く)

-365億USD





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*



*