【FX】為替の三大市場の取引時間(東京、ロンドン、ニューヨーク)と特徴

Fx情報
株式の取引時間は平日の9時~15時ですが、FX(為替市場)では月曜日~金曜日の24時間いつでも取引が出来ます。時差により市場の参加者が増減することで取引時間帯での値動きが異なります。

世界の3大為替市場は、東京・ロンドン・ニューヨークですが参加者が一番活発なのは日本時間で16時~22時です。

3大為替市場の東京・ロンドン・ニューヨークの取引時間帯と特徴を解説します。

為替市場の取引時間とは?

為替市場の1日は、欧州からスタートし、アジア→中東→欧州を経由して、ニューヨーク市場で一日が終わります。

それぞれの市場が日本時間の何時なのかというと、これは季節によって異なります。

各国の取引時間帯

■各国の取引時間帯(冬時間)

欧州(ドイツ、スイス、フランス、イギリス)

*夏時間(サマータイム)は1時間マイナスしてください

夏時間(サマータイム)と冬時間(標準時間)の時差

市場時間は時期によって冬時間と夏時間に分けられ、夏時間はサマータイムといいます。

オセアニア地域、欧州、米国などは夏時間(サマータイム)制を採用しています。

また、北半球と南半球では季節が逆なので、北半球が夏時間のとき、南半球は標準時間(冬時間)です。

従って、サマータイムは冬時間(標準時間)より1時間早く取引や経済指標の発表が行われます。

豪州・欧州・米国のサマータイム・豪州:4月第1日曜日 ~ 10月第1日曜日
・欧州:3月最終日曜日 ~ 10月最終日曜日
・米国:3月第2日曜日 ~ 11月第1日曜日

三大市場(東京、ロンドン、ニューヨークの特徴と欧州

豪州⇒東京⇒欧州⇒ニューヨークの順に解説します

為替の三大市場は「東京、ロンドン、ニューヨーク」です。

豪州時間(オセアニア)6時~8時の特徴

オセアニア市場はニュージーランドのウエリントンと、オーストラリアのシドニーの二つの市場です。

オーストラリア、ニュージーランドは鉱物資源や農産物などを主な輸出品しているので「資源国通貨」と呼ばれます。

「資源国通貨」は原油価格や金価格など商品市場に大きな影響を受ける上、輸入国の景気に大きく左右されることになります。

ウェリントン市場が開く前は、前日のニューヨーク市場での取引がクローズ間際ということもあり、大幅に流動性が低下します。

とくに月曜日などは、ウェリントン・シドニー市場が世界で最初にオープンする外国為替市場になるため、流動性は極端に低く、土曜日や日曜日に何か大きな事件などが起こっている場合には、月曜日のウェリントン・シドニー市場では、レートが大きく飛ぶこともあります。

基本的には市場参加者が少なく、ほとんど値動きのない時間帯なのでスプレッドが広がりやすい傾向にあるので取引をする際は注意しましょう。

東京時間 8時~15時の特徴

日本、香港、シンガポールの市場が開く時間帯です。

特にゴトウビ日といわれる5と0のつく日は、日本企業の決算日であることが多く、海外への支払いのためにドルが多く買われる傾向にあります。

そのため仲値が決まる9時55分まではドル円の値動きが活発になります。

しかし、10時過ぎになると穏やかな値動きになることが多いです。

オーストラリアや中国の経済指標の発表がある時間帯なので結果次第ではオセアニア通貨の値動きが激しくなります。

欧州時間 15時~21時の特徴

ロンドン市場の開く17時からは市場参加者も増加し、値動きも活発になります。

ユーロやポンドなどの欧州通貨が活発に取引され、ユーロ圏の経済指標が発表されると値動きは激しくなります。

しかし、19時頃になると欧州勢は昼休のため、値動きは落ち着く傾向にあり、短期的なトレンドができていた場合でも19時を境に緩んでくる傾向があります。

ニューヨーク時間時間 21時~6時の特徴

21時からはニューヨーク市場が開くことから1日の中で最も取引が活発になる時間帯です。

特にロンドンとニューヨークの2つの市場が開いている21時~2時は最も取引が活発になります。

また、「ロンドンフィックス」(東京の仲値と同じ)が午前0時に決まるので、月末になるとユーロやポンドの値動きが激しくなりますが、午前2時過ぎになると、欧州の株式市場が終了となり、ニューヨーク市場のみのため基本的には値動きは緩やかになります。

しかし深夜に要人発言、米国の金融政策が発表される日は2時過ぎの深夜でも大きな値動きがあります。

FX市場の時間帯の特徴まとめ

三大市場の取引時間(東京、ロンドン、ニューヨーク)の特徴を解説しましたが欧州時間、ニューヨーク時間が値動きは活発なのでボラリティはあります。

東京時間、欧州時間は昼間に仕事をしている方は参加することが出来ないのでニューヨーク時間からの参加になります。

そして、「欧州時間」は東京時間の流れが反転する場合も多々ありますので初心者には難しい時間帯と言えます。

しかし、さらに難しい時間帯が米国の経済指標の発表があるニューヨーク時間の21時~23時になります。

総括すると、

時間帯毎でそれぞれ値動きに特徴はありますが、サラリーマンや学生の方など、日中にトレードの時間を確保できない方はニューヨーク時間で取引が出来るというのが為替のメリットです。

取引手法としては、出勤前にデイトレードやスイングトレードなどで予め指値注文をする方法と、ニューヨーク時間で短期売買などを主体とした取引で翌日にポジションを持ち越さない方法が最適です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました