【FX】MT5を使うべき?MT5とMT4との違いを海外アナリストが徹底解説!

Fx情報

MT5を使うべきですか?

という質問が沢山きているのでその疑問について徹底解説します。

もちろん私はMT5を使っています。

MT5を使うべきか?

結論から言うと、MT5を使うべきです。

特に裁量トレードをしているトレーダーはMT4を使う理由はありません!

今すぐに、MT5に移行するべきです。

MT5を使う理由をMT5とMT4を比較しながら解説します

MT5は自動売買(EA)、複雑なカスタムインジケーターを使用している裁量トレーダーには向きません。

時間足が増えた!板情報が増えた!動作が早い!

■MT5とMT4の比較表

MT5とMT4の比較項目 MT5 MT4
海外FX業者 40%くらい 90%くらい
インジケーターとEA 少ない 豊富
板情報
時間足 23種 9種
スピード 早い・動作が軽い 遅い・動作が重い

MT5の動作は軽くて早い!

私は20通貨以上のチャートを表示しているのでMT4の時は動作が重たく、時々フリーズしていたのですがMT5に変えてからは動きが軽く早いです。

また、使用メモリ量もMT4と比べるとMT5の方が少ないです。

そして、デザインは殆ど、MT4と同じなので基本的には直感的に使えるのでMT4で慣れている人でも1日で慣れることが出来ます!

時間足はMT4の9種からMT5では23種まで増えました

最近ではトレーディングビューを使用している増えていることから10分足、8時間足などを使いたいという人もいると思いますがMT5では分足と時間足は細かくなっています。

特にチャート分析をする時に時間足が増えていると便利です。

RizeFx
RizeFx

トレーディングビューでは17種が基本ですが好きな時間を追加できますけど!

MT5では板情報が見れる?

株式取引きでは板情報はよく利用されいますがその機能がMT5では標準搭載されました!

しかし、板情報に対応している海外FX業者はほとんどありませんので、MT5では実装されているが結論から言うと利用できないです。

唯一、日本でメジャーな海外FX業者ではFXDDのみが対応しています。

興味がある方は、FXDDで口座開設して試してみてください。

MT5が利用できる海外FX業者は?

MT5を提供しているおすすめ海外FX業者を簡単にご紹介します。

TITANFX(タイタン)

TITANFX(タイタン)は、約定力、、スプレッドや取引手数料は他社よりも断然安いですがボーナスは殆どありまんのでスキャルピングなどの取引回数が多く、コスト重視で約定力を求めるトレーダーに好まれています。
VFSC(バヌアツ共和国金融庁)のライセンスを保有しており日本語でのサポートも充実しています。

XMTrading(エックス エム)

XM(エックスエム)は、ヨーロッパのイギリス連邦加盟国「キプロス」に本社を置き、世界196ヶ国に展開している海外ブローカーです。
豊富なボーナスがあります。

FXDD(エフエックス DD)

FXDDは老舗の海外ブローカーで、日本での知名度も高いですが最近は人気は落ちていますが日本語でのサポートは充実しています。

FBS(エフビーエス)

FBS(エフビーエス)は、ベリーズに本社を持ち、アジアを中心にFBS社が運営している海外ブローカーです。
特徴は、最大レバレッジは3000倍、且つ、豊富なボーナスがあります。
金融ライセンスはベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)に認可を受け、ロシアの非営利自己規制団体(CRFIN)も取得しています。

今後はMT5のプラットフォームが増える?

MT4のアップデートもされなくなっていることからMetaQuotes SoftwareはMT5を推奨しているので今後、MT5のプラットフォームが増えるか否かはカスタムインジケーターとEAの数に依存します。

MT5の機能や性能を総合的に評価すると、MT5の方が使いやすいのでMT5への移行の準備をすることをお勧めします。

「MT5を使うべき?MT5とMT4との違い」のまとめ

冒頭でも言いましたが、「結論から言うと、MT5を使うべきです。

しかし、現時点では使い方を分けた方が無難です。

裁量トレーダーはMT5

チャート分析・標準インジケーターを利用して裁量トレードをしているトレーダーはMT5がおすすめです。

カスタムインジケータを利用しないのであれば、MT5を選ぶデメリットはありません。

カスタムインジケーターを多用している裁量トレーダーはMT4

MT4で作られたカスタムインジケーターはMT5との互換性がないのでMT5への移行は難しいです。

従って、人頼みになりますが、MT5用のカスタムインジケーターがインターネット上で豊富に公開されるまで待ちましょう。

自動売買システム(EA)をしているトレーダーはMT4

現状、有料・無料を問はずMT4のEAがMT5よりも断然多いというのが現状なのでMT5でEAを作る人が増えるのを待ちましょう。

MT5では、MT4よりもバックテストの処理能力が向上し、確認出来る項目も増えているのでMQL4の開発者はMQL5を学ぶ価値はあります。

メタクオーツ社がMT5の普及に力を入れているので、MQL5でEAが開発できる人は他のトレーダーよりも優位になりビジネスチャンスも広がります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました