カナダドル/円はダブルトップ形成後のネックライン割れで一段下げたが76円割れだとさらにもう一段下げるか?テクニカル分析 2020/04/01

カナダドル/円 テクニカル分析

■カナダドル/円を4時間足で分析すると

先週は78.30円付近まで上昇しましたがダブルトップが形成された後からは下落し、週明けにはネックラインの77円前半を割り込み一段下で推移しています。

また、昨日、31日は76円台の安値圏での攻防が続き、一時、76円台を割り込みましたが下げ渋り76円台まで回復しましたが、下値不安が継続する展開となっています。

オシレーター系のRSIは50%以下で推移し、一段下で推移し76円台前半で推移していることを考慮すると、今後も下値を試す動きが継続された場合、76円台を割り込みさらに一段下げた直近安値の73円台前半まで下げる可能性があります。

■カナダドル/円 レジスタンス&サポートライン

レジスタンスライン:77.15円

サポートライン1:76.00円

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*