ドル円は先週101円から107円台まで上昇したが、今週も上昇する材料があるか?テクニカル分析 2020/03/16

ドル円(USD/JPY) テクニカル分析

■ドル円を4時間足で分析すると

先週は窓開けから大幅に下落し101円台前半まで下落しましたが、トランプ大統領が給与税を0にするなどの経済対策を検討するとの報道で、105.90円まで反発しました。

しかし、再び、103円台付近まで値を下げるも、再び反発して移動平均線のSMA200が位置する手前の108.48円まで値を伸ばしました。

これはトランプ米大統領が最大500億ドルの連邦政府予算を活用し、検査や治療の態勢を強化すること、「全ての連邦学生ローンの金利支払い免除」と「石油大規模購入で戦略備蓄を拡大する」との方針を示したことが材料視されました。

今後の動向としては、105円台を割り込まない限りは再び、108円台を試す余地があると推測します。

■ドル円 レジスタンス&サポートライン

レジスタンスライン1:109.00円

サポートライン1:105.00円

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*