ユーロ円は円安の流れにつれ120.49円まで値を伸ばしたがさらに上値を試す動きとなるか?テクニカル分析 2020/02/20

ユーロ円(EUR/JPY) テクニカル分析

■ユーロ円を日足で分析すると、

先週の月曜日の2月10日に120.33円の高値をつけてからは下落し、119.70円のサポートラインを割り込んでからは118.50円まで下落しました。

しかし、昨日発表された1月米卸売物価指数(PPI)や住宅関連指標などが軒並み予想を上回る結果となり、全般にドル買い、円安の流れになりユーロ円は120.49円まで値を伸ばした。

120.50円付近には移動平均線のSMA200、SMA100が位置していることから抵抗となり値を伸ばすことが出来ませんでした。

今後の動向として、サポートラインの119.70円を割り込まない限りは再び、上値を試す余地はあると推測します。

■ユーロ円 サポートラインとレジスタンスライン

レジスタンスライン:120.55円

サポートライン:119.70円

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*