豪ドル/円は64円台で下げ止まれば反発する余地はあるが目線は戻り売り優勢の傾向にあるか?テクニカル分析 2020/03/17

豪ドル/円(AUD/JPY) テクニカル分析

■豪ドル/円を4時間足で分析すると、

今週は先週からの流れが継続され週明けから下値基調で推移し一時、64.04円まで下げたことで先週の安値 64.23円を更新しました。

3本の移動平均線が右肩下がりで下げていることでパーフェクトオーダーが形成され、且つ、オシレーター系のRSIも50%以下で推移していることから短期的に下落基調にあります。

また、65.10円台での上値の重さから下値変化の攻防が続いていましたが現時点では65円を割り込んでいます。

今後の動向として、64円台で下値が支えられた場合は、上値を試す余地はあると推測しますが、戻り売り優勢の傾向が強いと推測します。

■豪ドル/円 サポート・レジスタンスライン

レジスタンスライン:69.30円

サポートライン:64.00円

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*