豪ドル/米ドルは0.57$で下げ止まったことで2番底が形成されたのでこのまま0.6$まで上昇する勢いはあるか?テクニカル分析 2020/03/24

豪ドル/米ドル(AUD/USD) テクニカル分析

■豪ドル/米ドルを4時間足で分析すると

先週は新型コロナウイルスの感染が欧州や米国で急増し、世界的に拡散する状況が続き株安、原油安が進んだことで豪ドル売りが加速し一時、0.55$まで下落しました。

しかし、その後から反発し、一時、0.6$付近まで値を戻し、オシレーター系のRSIも8%付近から50%付近まで戻しました。

現在は、0.6$台から押し戻されましたが、米連邦準備理事会(FRB)による新たな支援策を受けて0.57$付近で下げ止まり買い戻しが先行しています。

今後の動向として、0.57$で下値が支えられ、オシレーター系のRSIも50%付近で右肩上がりなので、このまま上昇が継続すれば再び、0.6$台付近まで上昇する可能性がありますが、0.6$付近には移動平均線のSMA50が位置していること、3/18日に下落が開始された値になることから抵抗となると推測します。

■豪ドル/米ドル サポートライン&レジスタンス

レジスタンスライン:0.6000$

サポートライン:0.5700$

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*