【FX】売買シグナルが点灯しそうな通貨一覧 2020/07/15

テクニカル分析

売買シグナルが点灯しそうな通貨をテクニカルから分析します。

この記事では、

中長期で売買シグナルが点灯しそうなエントリーポイントを移動平均線、水平線、トレンドライン、チャンネルライン、フィボナッチなどインジケーター使用して探します。

ポンド/スイスフラン(GBP/CHF)エントリーポイント

  • 長期(週足):下降トレンド
  • 中期(日足):下降トレンド
  • 短期(4時間足):下降トレンド
  • 戦略:戻り売り

ポンド/スイスフラン(GBP/CHF)週足

ポンド/スイスフランを週足で分析すると、

長期移動平均線(黒)よりも下で推移していることから基本的な流れは下降基調です。

また、オシレーター系のRSIも50%以下で推移しています。

■ポンド/スイスフラン(GBP/CHF)週足チャート

ポンド/スイスフラン(GBP/CHF)4時間足

ポンド/スイスフランを4時間足で分析すると、

長期移動平均線(黒)付近まで上昇しましたが上値を抑えられ再び反落しました。

サポートラインは1.17300で下値が2回支えられ反発していますが1.1820付近には抵抗があります。

Point1.1820で戻り売りのチャンスを狙う

■ポンド/スイスフラン(GBP/CHF)4時間足チャート

ユーロ/ドル(EUR/USD)エントリーポイント

  • 長期(週足):下降トレンド
  • 中期(日足):上昇トレンド
  • 短期(4時間足):上昇トレンド
  • 戦略:押し目買い

ユーロ/ドル(EUR/USD)週足

ユーロ/ドルを週足で分析すると、

下降型チャンネルラインが形成され下降基調でしたが、1.0650$付近から反発したことで長期移動平均線(黒)を明確に上抜けています。

■ユーロ/ドル(EUR/USD)週足チャート

ユーロ/ドル(EUR/USD)4時間足

ユーロ/ドルを4時間足で分析すると、

週足の長期移動平均線(赤)を上抜けてからは勢いが付きさらに上昇し、下降型チャンネルラインの上限も上抜けました。

直近で下値が支えられた1.14$付近まで調整が入り再び下値が支えられた場合は、押し目買いのチャンスを狙いたい。

■米ドル/カナダ(USD/CAD)日足チャート

コメント

タイトルとURLをコピーしました