カナダドル/円は83円付近で下値が支えられれば再び反発する可能性もあるが、商い薄のため注意が必要。テクニカル分析 2019/12/25

テクニカル分析

カナダドル/円 テクニカル分析

■カナダドル/円を4時間足で分析すると

先週、高値 83.62円をつけてからは調整に入り、今週は83円台前半で推移しています。

カナダ統計局が発表した10月のカナダ国内総生産(GDP)が前月比0.1%減/前年比1.2%増と予想の前月比0.1%増/前年比1.4%増を下回ったため一時、83円を割り込む場面はありましたが、83円付近で下値が支えられていますが、オシレーター系のRSIは50%を割り込んで推移しています。

また、12月20日に上昇トレンドラインを割り込んでからは上値が重たく、83.20円付近が抵抗となり、移動平均線のSMA50も割り込んでいます。

今後の動向として、83円台を維持することができれば、再び反発する可能性はありますが、クリスマス&年末休暇があることから当面、方向性を模索する動きになると推測します。

■カナダドル/円 レジスタンス&サポートライン

レジスタンスライン1:83.60円

サポートライン1:83.00円

コメント

タイトルとURLをコピーしました