カナダドル/円(CAD/JPY)は政策金利発表後、80円台を回復したことでさらに上値を目指すか?テクニカル分析 2019/09/05

カナダドル/円 テクニカル分析

■カナダドル/円を日足で分析すると

先週今年の2番底を更新し78.49円まで大幅な下落をしましたが大幅に戻し80円台前後で推移していましたが一目均衡表の転換線に支えられ下値は限定的だった。

今週に一時、転換線を下抜けるも戻し、昨日、カナダ銀行(BOC、中央銀行)はこの日、政策金利を現行の1.75%に据え置くことを決めたと発表後、予想よりハト派的ではなかったとの見方、WTI原油先物の上昇などが要因でカナダドル円も79円前半から80円半ばまで大きく値を伸ばしました。

昨日大きく値を伸ばし80円台を回復したことで転換線もブレイクし基準線手前まで推移していますので、今後の動向としては、80円がサポートとなり基準線を超えた場合は上値を目指す余地はあると推測します。

■カナダドル/円 日足サポートライン

レジスタンスライン1:81.00円

サポートライン1:80.00円





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*