カナダドル/円(CAD/JPY)は移動平均線のSMA100と意識されている82.70円が抵抗となり反発するか?テクニカル分析 2019/11/05

カナダドル/円 テクニカル分析

■カナダドル/円を4時間足で分析すると

83.50円付近まで上昇した後からは調整が入り、82円まで押されましたが、82円付近で下値が支えられ再び反発しました。

これは英フィナンシャル・タイムズ紙が、米国は対中国製品への関税の一部撤回を検討と報じたことが要因です。

相場の流れは上昇基調にあることが3本の移動平均線から見てもわかりますが、82.70円を境に急激に下げた後V字回復していることからこのラインは意識されているラインということが分かります。

今後の動向として、82.70円まで下げ、移動平均線のSMA100とこの意識されたラインが抵抗となり下値が支えられた場合、再び、83円を目指す余地があります。

■カナダドル/円 日足サポートライン

レジスタンスライン1:83.00円

サポートライン1:82.70円





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*