スイスフラン/円(CHF/JPY) は?中国と米国が段階的な関税撤廃で合意するも10月21日の高値には届かず再びレンジ内で推移か?テクニカル分析 2019/11/07

スイスフラン/円 テクニカル分析

■スイスフラン/円を4時間足で分析すると

110.43円まで値を伸ばした後から109円台まで下押しされ約2週間、109円台のレンジ相場が継続している中で移動平均線のSMA50とSMA100が重なった付近を割り込みましたが、上昇トレンドラインに下値を支えられると同時に、「中国と米国が段階的な関税撤廃で合意」との報道をきっかけにスイス/円も前日高値を上抜き110.00円台に乗せました。

しかし、10月21日に付けた高値 110.43円までは届かず、11月5日の高値 110.16円を2pips超えた110.18円を付けた後からは利益確定の売りなどで109円台後半まで押されています。

今後の動向として、このまま高値を維持することが出来ればさらに上値を試す動きになる可能性もありますが再び、109.20円~110.20円のレンジ内で推移すると推測します

■スイスフラン/円 レジスタンス&サポートライン

レジスタンスライン1:110.20円

サポートライン1:109.20円





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*