ドル円は一時105円を割り込み、104円半ばまで下落しましたが反発し105円台まで再び回復しています。

ドル円(USD/JPY) テクニカル分析

■日足でドル円を日足で分析すると

昨日の26日は米中摩擦の激化が嫌気され、円買いが先行して一時106円台から104円46円まで下落しましたが、その後、トランプ米大統領が米中協議再開に言及したことなどを手がかりに反発し、終値は106円台でクローズされました。

8月の初めに107円を割り込んでからは107円から105円の間で推移していましたが、105円を割り込んだことで今年の一番底を更新し、その後、反発したことでこれを手がかりに上昇へと転換する可能性もあります。

しかし、一目均衡表の転換線は上抜けていますが上値も重たく、利下げ継続の思惑が広がる見通しもあることから107円から105円の間での攻防が再び繰り広げられると推測します。

■日足サポートライン

レジスタンスライン1:107.00円

サポートライン1:105.00円





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*