ドル円(USD/JPY)は週足で下ヒゲを付けたことで今週は底値が固く再び上値を試す動きになるか?テクニカル分析 2019/11/18

ドル円(USD/JPY) テクニカル分析

■日足でドル円を日足で分析すると

109.50円付近まで上昇した後から5日間、続落していましたが先週の金曜日には108円台後半まで反発したことで週足で見ると長い下ヒゲ付きの陰線が形成されています。

これは米中貿易協議の進展期待を背景に米国株相場が上昇したことが要因です。

また、直近安値の106.60円から高値109.50円へフィボナッチ・リトレースメントを引くと、下げ止まったのはフィボナッチ比率 38.2%になり23.6%付近まで上昇しています。

今後の動向として、フィボナッチ比率の23.6%付近の108.80円がレジスタンスラインと意識される可能性が高く、上値を試す動きになれば108円後半での攻防が予測されます。。

■ドル円 レジスタンス&サポートライン

レジスタンスライン1:108.80円

サポートライン1:108.00円

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*