ドル円(USD/JPY)は過去に数回意識された108.20円が抵抗となり反発し、再び109円を目指すか ?テクニカル分析 2019/10/21

ドル円(USD/JPY) テクニカル分析

■日足でドル円を4時間足で分析すると

先週は108円台をブレイクした後、レジスタンスラインの108.50円もブレイクし一時、108.94円と109円台に乗せる勢いでしたが、マクロン仏大統領が「英議会が新離脱案を否決した場合、離脱延期を認めるべきではない」との見解を示したことを受けて、リスク・オフの動きが先行し、108.50円のサポートラインを割り込んで下落しました。

109円台には日足の移動平均線のSMA200が位置していることで意識され、利益確定の売りが誘発されたことも要因になります。

今後の動向とし、過去に数回抵抗として、意識されたラインと移動平均線のSMA50が位置する108.20円が抵抗となり反発すれば再び、上値を目指す余地はあると推測します。

■日足サポートライン

レジスタンスライン1:109.00円

サポートライン1:108.20円





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*