ドル円(USD/JPY)は108円を維持することが出来れば109円を目指す余地があるがそこには大きな抵抗がある?テクニカル分析 2019/10/14

ドル円(USD/JPY) テクニカル分析

■日足でドル円を日足で分析すると

先々週の週末に十字線が形成形成されたことで相場の転換サインが点灯し先週は続伸し意識されていた108円台を超え、さらにトランプ米大統領がツイッターで「中国との貿易交渉で良いことが起きている」と投稿すると、米中通商交渉の進展期待が高まったことでさらに値を伸ばし一時、108.60円まで値を伸ばしたことで週足では大陽線が形成されました。

しかし、108.60円付近には週足のレジスタンスラインがあることから108.34円で週末はクローズされました。

今週の動向としては、先週の高値の108.60円を超えるか否かが注目されますが、ブレイクしても109円台付近にはレジスタンスラインがあること、移動平均線のSMA200が位置していることから利益確定の売りが入ると推測しますが108円を維持して推移することが出来れば上値を試す余地はあります。

■日足サポートライン

レジスタンスライン1:108.60円

サポートライン1:108.00円





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*