ドル/円(USD/JPY)は3トランプ米大統領が混乱のない政権移行を表明したことで上昇したが依然として下降基調? FXテクニカル分析 2021/01/08

テクニカル分析

ドル/円(USD/JPY)本日の相場見通し

長期(週足): 下降トレンド
中期(日足): 下降トレンド
短期(4時間足): 上昇トレンド
POINT102.59円から103円台後半まで上昇

ドル/円(USD/JPY)週足テクニカル分析

週足チャートでを分析すると、

短期移動平均線(青)よりも下で依然として推移しているが102円台前半から103円台後半まで上昇したが週足では依然として売り基調が継続している。

直近では104.50円のレジスタンスラインを上抜けない限りは売り基調が継続。

週足の環境認識下降トレンド

■ドル/円(USD/JPY)日足チャート

ドル/円(USD/JPY)4時間足テクニカル分析

4時間足チャートで分析すると、

下降トレンドラインを大きく上抜け、大陽線が形成されてからはさらに値を伸ばし103.95円まで値を伸ばした。

今後の動向として、どこまで調整が入るかが注目されます。

フィボナッチ・リトレースメントでは、23.6%、38.2%付近が意識される。

4時間足の環境認識上昇トレンド

■ドル/円(USD/JPY)4時間足チャート

今後の動向 ドル/円(USD/JPY)

今後の動向として、フィボナッチ・リトレースメントの23.6%、38.2%付近まで調整が入ることを想定できるが、長期移動平均線(黒)付近の38.2%付近までは許容できるがこのラインを割り込むと上昇は打ち消される。

その場合、再び売り目線で戦略を立て直す必要がある。

今後の戦略押し目買いのチャンスを狙いたい

コメント

タイトルとURLをコピーしました