ドル/円(USD/JPY)は4時間足ではエリオット波動の第5波が形成されたとすると売り圧力は失速か? FXテクニカル分析 2020/09/18

テクニカル分析

ドル/円(USD/JPY)環境認識

長期(週足): 下降トレンド
中期(日足): 下降トレンド
短期(4時間足): 下降トレンド
今週の戦略7月26日の週の安値まで下げるか見定める

ドル/円(USD/JPY)週足テクニカル分析

週足チャートで分析すると、

今週のドル円は大幅に下落したことで大陰線が形成されようとしていますが、直近で意識されている安値は7月26日の週につけた104.18円。

週足の環境認識・下降トレンド

■ドル/円(USD/JPY)週足チャート

ドル/円(USD/JPY)日足テクニカル分析

日足チャートで分析すると、

ドル円はトリプルトップが形成された後、ネックラインを割り込んで下落し、一時反発したがネックラインが抵抗となり下落している。

日足の環境認識・下降トレンド

■ドル/円(USD/JPY)日足チャート

ドル/円(USD/JPY)4時間足テクニカル分析

4時間足チャートで分析すると、

急激に下落したドル円ですがN字を形成しながら続落していることからこのまま下がり続けると7月31日に付けた安値 104.18円を試す可能性がある。

4時間足の環境認識・下降トレンド

■ドル/円(USD/JPY)4時間足チャート

ドル/円(USD/JPY)テクニカル分析 まとめ

基本的な流れは下降トレンドが継続しており、104.80円がレジスタンスラインとして意識されているので戻り売りのチャンスがあれば前回のサポートライン(現在のレジスタンスライン)の104円後半を撤退ラインとし、104円前半まで狙える戻り売りのチャンスがあれば下位足でタイミングをみて試したい。

  • 損切は104円後半
  • 利確は直近安値手前
  • リスクリワードは2:1
  • 下位足で戻り売り
Point4時間ではエリオット波動の第5波が形成されているという見方も出来るので注意が必要!
長期(週足): 下降トレンド
中期(日足): 下降トレンド
短期(4時間足): 下降トレンド

コメント

タイトルとURLをコピーしました