ポンド/ドルは急上昇した後、再び前回のレジスタンスラインまで下げたことがトレンド転機のシグナル? テクニカル分析 2019/12/17

テクニカル分析

ポンド/ドル(GBP/USD) テクニカル分析

■4時間足でポンド/ドルを分析すると

総選挙で与党保守党が過半数議席を確保したことで欧州連合(EU)離脱を巡る行き詰まりが解消されたことで1.9522$まで上昇しましたがその後、ロンドンフィキシングにかけて売りが再開されたことで1.9150$付近まで値を下げています。

1.9150$付近は前回のレジスタンスラインでありましたが現在はサポートラインとして意識されています。

今後の動向として、短期的な流れはアップトレンドなので、1.9150$付近のサポートラインで下値が支えられた場合は、再び上昇する可能性がありますが、割り込んだ場合は、移動平均線のSMA200が位置する1.899$付近まで下げる可能性があります。

■ポン/ドドル サポートライン・レジスタンスライン

レジスタンスライン1:1.9522$

サポートライン1:1.899$

コメント

タイトルとURLをコピーしました